2020年09月15日

令和2年度 社会学級 第1回講座 「今日から始めるみつろうエコラップ生活!」

日時:8月21日(金)10時〜12時
場所:西多賀小学校 視聴覚室

 今年度第1回目の講座は、本校社会学級生で、身近な環境問題にも取り組んでいらっしゃる方を講師に「みつろうエコラップ」作りを行いました。

 レジ袋の有料化も始まり、環境に優しい生活が求められるようになった今、すでにエコラップに関する情報を目にした方もいらっしゃるかもしれません。
 「みつろうエコラップ」とは、コットンの布地にみつろうやホホバオイル、天然樹脂でできたワックスを染み込ませてできた食品保存用のラップです。みつろうとホホバオイルの優れた抗菌性により、食品の鮮度とおいしさを長持ちさせてくれるだけでなく、かわいい柄でキッチンを楽しく鮮やかに彩ってくれます。何度でも洗って繰り返し使うことができるので、地球にも優しく、さらに私たちの身体にとても優しいのがこのラップの特徴です。


 「みつろうエコラップ」を作る前にまず、現在直面している深刻なプラスチック問題についてのお話を聞きました。
 2015年の国連サミットで採択された「SDGs(エスディージーズ)」という2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標があるそうです。
 現在、プラスチック製品に囲まれた生活をしている私たちですが、プラスチックが土に還るまで何百年とかかる事、プラスチックがマイクロプラスチックとなり私たちの健康などに影響を及ぼしている事を知り、1人1人が出来る範囲でプラスチックフリーな生活をすることがSDGsの目標達成にも繋がるという事を学びました。

1.png

 その後、いよいよお楽しみの「みつろうエコラップ」作り!私たちがすぐにできる、プラスチックフリーへの第1歩です!
 自分が選んだ布地にシート状になっているみつろうを手でちぎって乗せ、低温のアイロンでクッキングペーパーの上から溶かして染み込ませていき、5分くらいで誰でも簡単に出来ました。

2.png

3.png

 みんなでソーシャルディスタンスを保ちながらも、それぞれが選んだ布の可愛さや仕上がりに、久しぶりにワイワイと楽しい時間を過ごしました。マスク越しでもみんなの笑顔が見られ、とても嬉しかったです。また、「みつろうエコラップ」をどのように使うか考えるのも、これからの楽しみの1つになりました。

4.png

5.png

 講師の先生には、とてもわかりやすく、そして楽しく講座を行なっていただき、大変感謝しております。
 さらに教室を快く貸していただいた上に、アイロンの準備等してくださった学校の先生方、本当にありがとうございました。

記事提供:社会学級運営委員
posted by nishitaga at 18:08| 社会学級